辞表は出したが、年度末までポストにしがみつく矢作教育長の姑息

いじめ問題で教育長辞任へ 防止条例制定にメド (『朝日新聞』茨城県版 2月21日)

取手市立中学校3年の中島菜保子さん(当時15)が自殺した問題で、矢作進市教育長(66)が任期途中の3月31日付での辞任を表明し、20日の市教委定例会で同意を得た。同日の定例会で、3月議会に提案する「いじめ防止対策推進条例」の最終案が決まったことから区切りをつけたという。

会見で矢作教育長は、県が設置した調査委員会で「調査が適正に進んでいくと思う」としたうえで、4月施行予定のいじめ防止条例を基に、「市を挙げていじめ防止に取り組んでいけるめどがついた」と辞任の理由を述べた。また、中島さんの自殺については「日記が出てきたのに重大事態ととらえることができなかったことが、長引かせる大きな問題だったと反省している」と振り返った。

矢作氏は小学校長を経て2012年から教育長を務めてきた。19日に藤井信吾市長と市教委に辞職願を提出した。
この問題を巡っては、市教委が「いじめによる重大事態に該当しない」と議決したうえで、16年3月に第三者委員会を設置したが、17年6月に解散した。その後、両親の求めに応じて、県が自殺の背景や市教委の対応などについて調べる一方、市教委はいじめ防止条例制定に向けて検討委員会を設け、審議してきた。

中島さんの父・考宜(たかのぶ)さん(46)は「教育長が辞めても菜保子が戻ってくるわけではない。市教委にはもっと真摯(しんし)な対応をしてほしかった」と話した。(佐藤清孝)

 『毎日新聞』によると、【当時の教育委員長だった小松崎幸江委員(70)も辞職する】

しかし、辞職の「区切り」は、文科省の指導が入って取手市第三者委員会が解散した時点(昨年6月)が世間常識的な「区切り」だったのではないか。それを1日のばしにして教育長の職に居座り続け、この機に及んでも「年後末まで辞めない」と居直りの本音は何なんだろう。若者1人が死んでいるのだ。しかも死の真相をごまかし、いじめを隠し通そうとした最高責任者なのだ。こんな立ち振る舞いを見ると、とても「教育者」と呼ぶことはできない。百歩譲って「教育業界人」としても、責任ある「真摯な対応」は一切なかった。

続きを読む

スポンサーサイト

やっと辞表を提出! 「藤代南中いじめ自死」隠蔽の最高責任者 矢作進・取手市教育長

南中2 南中1

中3女子 いじめ自殺で茨城・取手市教育長が辞職願 
 (『産経WEBニュース』 2月20日 12:03)
 
平成27年11月に茨城県取手市の市立中3年の中島菜保子さん=当時(15)=が「いじめられたくない」と日記に書き残して自殺した問題をめぐり、市教育委員会の矢作進教育長が辞職願を提出し、市教委定例会で同意されたことが20日、分かった。

中島さんの自殺をめぐっては、市教委が「いじめによる重大事態に該当しない」と議決した上で第三者委員会を設置。中島さんの両親の要望で第三者委員会は昨年6月に解散し、両親は「市教委との信頼関係は失われている」として知事の下に調査委を設置するよう申し入れ、県が新たに調査委員会を設置した。

 取手市のホームページによると矢作教育長の経歴は以下の通り。

続きを読む

取手市議会の茶番劇:市議会の議長と副議長は2年任期のたらい回し

本年はじめの取手市議会が開催された。初日の注目は議長・副議長の交代劇。
議長は佐藤清(はやぶさ=自民党系会派)から、入江洋一(創世会=自民党に入れない保守系の会派)へ、副議長は染谷和博(公明党)から、渡部日出雄(はやぶさ)に代わった。

こんばんは。取手市議会事務局です。平成30年第1回臨時会は、午後3時前に閉会しました。
・欠席・遅刻・早退・離席…なし
・傍聴者…3人

本日決定した事項は以下のとおりです(略)
2.議会の構成
○佐藤清議長から議長職の辞職願が提出され、議会はこれを許可し、議長の選挙を行いました。また、染谷副議長から副議長職の辞職願が提出され、議会はこれを許可し、副議長の選挙を行いました。選挙結果は次のとおりです。

・議長の選挙…有効投票24票、無効投票なし
入江洋一18票(当選)、加増充子5票、結城繁1票
(入江議長就任あいさつ)
就任期間2年間を公平、公正な議会運営、議事進行することはもとより、議会事務局と一枚岩になり、皆さんとともに議会全体の改革と改善に努めてまいります。しっかりと議会を市民の皆様にPRし、市民の皆様のことを第一に考え、市民生活の向上を目指して頑張っていきたいと考えております。

・副議長の選挙…有効投票24票、無効投票なし
渡部日出雄19票(当選)、関戸勇4票、結城繁1票
(渡部副議長就任あいさつ)
入江議長を最大限補佐し、議会と取手市をよくするように最大限努力をいたします(略)
〔発信元〕取手市議会事務局(電話)0297-74-2141(代)

続きを読む

情報公開時代を逆走する元「ニコ動」役員・大井川茨城県知事の「自己矛盾県政」

県の会合、増える非公開 識者指摘、「ガラス張り」に逆行  
(『YAHOO! JAPANニュース 2月12日  茨城新聞クロスアイ)

県が設置している審議会などが、非公開となるケースが増えている。最近では、県政の基本方針となる「県総合計画」を議論する県総合計画審議会(県総計審)をはじめ、東京周辺の本県関係有識者の会合「東京懇話会」が非公開となり、傍聴して出席者の生の声が聞けなくなった。県はこれまで、児童生徒の自殺に関する第三者委員会をはじめとした、個人情報などの面で公開に支障がある場合を除き「原則公開」という方針だった。大井川和彦知事の意向を反映したもので、庁内には戸惑いも広がっており、識者も「個人情報の問題と政策の問題は分けた方がいい」と指摘している。 (報道部・黒崎哲夫)

 選挙中から「県政で何をやりたいのか、主張や信念が全く分からない」大井川知事だったが、情報産業にいた人間が情報公開・情報共有を拒むなんて自己矛盾非も甚だしい。

だいたい「非公開じゃないと本音や尖った意見を言えない」ような人物は審議員になる資格がないし、そんな審議員は首をすげ替えた方がいい。それとも大井川知事のやろうとしている県政は、どこかの総理を真似して「イエスマンだけを集めたお友達県政」なのだろうか。自民絶対多数という県議会の翼賛体制が、こうした時代錯誤で自分ファーストの方針を生み出している。

続きを読む

取手市広報連載の「ふるさと探訪」が冊子にまとまり500円で販売開始!

『広報とりで』に連載されている「ふるさと探訪」が冊子にまとめられた。『朝日』『毎日』などの県版が取り上げたことから問い合わせが殺到、売れ行きはまずまずのようだ。下の写真は市のHPから転載した。

A5判、並製、192頁。本文の紙の質も良く、もちろん中身も、役に立ち、読みやすいコラムと写真の連続だ。1冊500円(消費税込み)というワンコイン価格はかなりの「お買い得商品」といえる。2000部発行なので完売すると売上は100万円。編集・印刷・製本の元手は十分回収できる。印税も不要だろうから取手市の財政に貢献する出版物に化けるかもしれない。以下、取手市のHPから。

20180117090726_00001.jpg 

上の写真の左側は表紙です。昭和31年撮影の足踏み水車を回して、用水路から田に水を引く光景です。右側は裏表紙です。昭和23年の常磐線松戸・取手間電化工事起工式記念花火大会のポスターです。終戦直後の物資の不足した時代ですがカラー印刷で、常磐線電化にかける人びとの期待の大きさがしのばれます。

販売場所 埋蔵文化財センター(〒302-0007、取手市吉田383、電話番号0297-73-2010)
       教育総務課(藤代700、市役所藤代庁舎2階)

郵送申込 代金500円とゆうメール送料300円を現金書留、または郵便為替で上記の埋蔵文化財センターまで送ってください。届き次第発送します。複数冊ご購入の場合は、送料は異なりますので、上記埋蔵文化財センターまでお問い合わせください。代金後払いでのご購入もできます。上記埋蔵文化財センターまでお問い合わせください。

 

続きを読む

JR常磐線車内出産 取手市が最上都寿美さんを表彰

電車で出産手伝い 取手市が最上さんを表彰 (『朝日新聞』県版 2月7日)

先月、千葉県内を走るJR常磐線の電車内で女性が出産した際、赤ちゃんを取り上げるなどお産を手伝った取手市のパート従業員、最上都寿美(つづみ)さん(40)を6日、同市が善行表彰した。

最上さんは1月19日午後、陣痛を訴える女性と電車の優先席で乗り合わせた。女性が破水したため、到着した柏駅で駅員に電車を発車させないよう伝える一方、持っていたバスタオルを敷いて出産を手伝った。救急隊が来るまでの10~15分間について、最上さんは「へその緒がついたままの赤ちゃんを抱いていました」と振り返った。

藤井信吾市長は「大変勇気ある行動。こんな素晴らしい市民がいたことに元気づけられた」とたたえた。20~4歳の5人の子どもがいる最上さん。「たくましく元気に育ってほしい」と話していた。

 『テレ朝NEWS』の動画はここをクリック。
当ブログは1月21日【取手市民のちょっといい話 市民栄誉賞の対象に?】と書いたが、表彰状どまりだった(笑)

取手の里山に生息する「サシバ・オオタカ・コミミズク・フクロウ」写真展

sashiba_posuta.jpg

イベント情報
------------------------------------
このメールは、取手市役所 文化芸術課が配信しております。
------------------------------------
とりでアートギャラリーきらり企画展「『里山の鳥』写真展」を開催します。
取手市内に生息する,サシバ・オオタカ・コミミズク・フクロウなどの写真を展示します。年々その数が少なくなる中,里山に生きる野鳥の生態を観察した貴重な写真展です。ぜひご鑑賞ください。皆様のご来場をお待ちしています。

・会期 平成30年2月15日(木曜日)から2月28日(水曜日)  午前10時から午後7時まで
・会場 とりでアートギャラリーきらり 取手市新町2-1-31(宇田川ビル2階) 電話 0297-77-1161
・入場無料,会期中無休 ・詳細は取手市ホームページをご覧ください。

藤代南中「いじめ自死」隠蔽事件 教頭は遺体の横で「自殺を伏せる方針」を両親に告げた

記者の目/茨城・中3自殺「突然死」で調査 「いじめ隠蔽」教育は襟正せ
(玉腰美那子=水戸支局 『毎日新聞』年2月1日 朝刊)

 2015年11月に自ら命を絶った茨城県取手市立中3年の中島菜保子さん(当時15歳)へのいじめを調査する県の第三者調査委員会が昨年12月20日に初会合を開いた。私は、菜保子さんの自殺の事実を伏せて生徒に聞き取りした調査を基に「いじめはなかった」と判断した市教育委員会の対応を取材してきた。自殺後の学校や市教委の対応を余さず検証し、当初、いじめを認めなかった真相を明らかにしなければ、いじめ対策に取り組むうえで必要な子どもや保護者の信頼は回復しない。

遺体横で教頭「事実伏せる」
 「2度殺されたようだ」。菜保子さんの父考宜(たかのぶ)さん(46)が取材に何度も口にした言葉だ。両親は死亡当日、遺体の横で教頭から自殺の事実を伏せる方針を告げられた。「死に損にならないよう、ちゃんと調べてほしい」とすがる母淳子さん(47)に教頭は「責任を持って調べたい」と答えたが、約束は果たされなかった。

 学校だけの問題ではない。市教委は、菜保子さんが死亡した日の夜に臨時会議を開き、自殺の事実を伏せて、他の生徒や保護者に「突然死」と伝える方針を決めた。「受験を控えた子どもらへの配慮」が理由だったとするが、本当にそうだろうか。

続きを読む

取手市/桑原地区開発は「イオンJV」、西口開発は「大京・戸田JV」を選択

取手市が事業協力者決定/ 取手駅西A再開発は大京・戸田JV 桑原区整はイオンJV 
『建設通信新聞』DIGITAL 1月29日

茨城県取手市は26日、2事業で事業協力者を公募した結果、(仮称)取手駅西口A街区地区第一種市街地再開発事業を大京・戸田建設JV、(仮称)桑原周辺地区土地区画整理事業をイオンモール・イオンタウンJVに決めたと発表した。
大京・戸田建設JVは、約150-200戸のタワーマンションを始めとする2棟構成の再開発、イオンモール・イオンタウンJVは区画整理後に総賃貸面積約13万㎡の商業施設整備を提案している。両事業とも地権者らは2018年度の準備組合設立を目指す。 取手駅西口A街区(新町2丁目の一部)はJR取手駅西口駅前広場に面する約0.7ha。用途は商業地域(建ぺい率80%、容積率500%)となっている。
20180126_171131_25242.jpg
大京・戸田建設JVの開発コンセプトは『まちの賑わいと活力を生み出す「取手らしい居場所」を』。駅前広場西側に商業・業務床や市のサテライト図書館、自走式駐車場で構成するA棟、その北側にレンタサイクル&ランニング拠点や保育施設、約80戸のサービス付き高齢者向け住宅、約150-200戸の集合住宅で構成するB棟を設け、西口の歩行者デッキを延伸して接続する提案となっている。 広場空間は東京芸大などと連携することでアートギャラリーを備えたい考え。19年度の都市計画決定、20年度の本組合設立、21年度の権利変換計画認可を経て、22年度の着工、24年度の完成を見込む。
20180126_171131_25243.jpg 
桑原周辺地区(桑原、井野の一部)は、同駅から北東約2㎞に位置する市街化調整区域約67.6ha。このうち約32.6haが国道6号北側、約35haが同南側にある。イオンモール・イオンタウンJVの開発コンセプトは「とりでTWIN-TOWN PROJECT」。6号北側はNorth-Townとして、イオンタウンがスーパーマーケットやウェルネスステーション、温浴施設、道の駅などの生活サポート施設と各種専門店を設けるプランとなっている。南側はSouth-Townとして、イオンモールが広域集客型ショッピングモール、大型アウトドアパーク、戸建て住宅を設け、近隣の工場を活用した子ども向け職業体験施設の導入も展開する方針。さらに両Townは自動車も通ることができる立体横断施設でつなぎたい考えだ。 20年度の本組合設立、22・23年の造成、24・25年度の建築物整備を見込む。
 
今回の公募には、事業協力者を含め西口再開発に3団体、桑原周辺地区に4団体が応募した。(画像も同紙より)

『茨城新聞』(1月28日付)によると、【同市の海老原雅則都市整備部長は「取手は茨城の玄関口。茨城の情報を発信でき、多くの人に訪れてもらえる場にしていきたい」と話した】というが、1月20日「ウエルネスプラザ・セミナールーム」で行われた「共産党取手市議団主催の公開学習会」では、この2つの事業について「不透明な(西口)開発に際限なく税金投入」「(桑原開発)の調査などに要した費用は、すでに1億円超」と、「とめどなく税金投入 取手市二大プロジェクト」と批判されていた。

また、スーパーゼネコンの「リニア新幹線談合」で大林組の白石達社長が引責辞任したが、「大京・戸田」は「大京JV」として、JR東海の子会社「ジェイアール東海建設」と組んで愛知県内で「名城非常口」の工事を受注している(2016年.4月.5日)。「JR子会社の受注は談合、独禁法違反にならないのか」と指摘もされているリニア談合捜査の展開も気にかかる。

取手市井野の「認定こども園」で、男性保育士が4歳児を投げ飛ばし足骨折の大怪我負わす

保育士に放り投げられ4歳男児が骨折 (『朝日新聞』1月23日)

茨城県取手市は23日、市内の幼保連携型認定こども園「たかさごスクール取手」で、20代男性保育士が男児(4)に乱暴し、左足を骨折する約1カ月のけがを負わせたと発表した。
市によると、今月9日午後3時半ごろ、この保育士が子どもたちを並ばせようとしたが、男児が言うことをきかなかったため、両腕を持ち上げて放り投げた。男児は現在、通園を再開しているという。

男性保育士は昨年4月から同園に勤務しており、市の調査に「乱暴な行為だった」と認めているという。園は19日に説明会を開き、保護者らに謝罪した。
同園は元市立保育所で、2012年に社会福祉法人が県の認可を受けて開園。0~5歳の132人が通園している。

『産経ニュース』によると、【男児は転倒し、すねの骨を折った】大怪我だ。日馬富士に暴行された関取・貴ノ岩ではないが「肉体面と精神面の後遺症」が心配だ。皮肉なことに「たかさごスクール取手」のホームページにはこんな園長挨拶が載っている。

はじめまして、こんにちは!私たちが保育します! 園長 近藤 光江
事故・怪我のない安全な保育、1人1人に寄り添った家族のような暖かい保育園をつくります。
職員一同、力を合せて頑張ります。よろしくお願いします。

 『茨城新聞』によると、【10日に匿名の情報提供があり、市が調査して発覚、調査と指導を行った】。保育園自らが報告・発表しなっかった姿勢に批判が集まりそうだが、同保育園はの前身は昭和35年に開設された取手市立井野保育園。藤井市政の「市立保育園の民間委託」政策により平成24年4月から社会福祉法人・高砂福祉会が経営、「たかさごNURSERYSCHOOL取手」と改名し、平成27年から「幼保連携型認定子ども園」となった。

取手市では、「たかさごスクール」と同時期に民間委託した「戸頭東保育園」で、園児への虐待事例があり、金澤元市議の親族が経営する法人から経営法人を変更せざるを得なくなるなど、安易な「民間委託」による保育園事故が続いている。 
FC2カウンター
プロフィール

編集人

Author:編集人
終の棲家が住み良い街になって欲しいと願う取手市在住の男性です。

最新記事
検索フォーム
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR